OL花子がFXにチャレンジ♪為替王さまのサイトを参考にドキドキハラハラFXライフを語ります。収支も公開予定。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FX情報商材っていかがなもんか?
そろそろ自身のトレードに行き詰ってきたようなので、FX情報商材を購入してみようと考えている。

ただ、情報商材にもFX取引スタイル同様にノウハウの種類がいくつかあるようだ。

まず、スキャルピングやデイトレードをメインとしたfx情報商材ノウハウ。

こちらは、トレードスタイルから、1日に何度も取引する必要があるだろう。よって、1日中相場に向き合える人で無い限り、使いこなすのが難しい。。
要するに一般のサラリーマンでは完全に使いこなすことができない。
ただし、FXで相場が大きく動くのは、21時から24時くらいなので、大枠では、問題ないのかもしれない。
経済指標が発表されるのも夜間に集中することだし。サラリーマンでも使いこなせそうですね。


次に、スイングトレードをメインとしたfx情報商材ノウハウ。

2~3日、1~2、3週間ポジションを保有するスイングトレードなら、一般のサラリーマンでも十分にノウハウを活用できそう。
なぜなら、1日中相場に向き合う必要がないため、ただし、たまに相場が日本市場と欧州市場の開催が重なる15時~18時であっても、大きく動くことがあるので、その際にでたシグナルに俊敏に対応するのは難しい。


最後に、スワップ狙い・長期投資をメインとしたFX情報商材ノウハウ。

これなら、ほとんど相場と向き合う必要がないので、サラリーマンであってもノウハウを100%あますことなく活用できる。
内容としては、スワップ利益を徹底的に求め、さらに資金管理を徹底することがキモとなる商材がほとんどではないだろうか。


という風に、FX素人ながらにFX情報商材のよしあしについて、特に一般的なサラリーマンがFX系除法商材を相場に向き合える時間から逆算して、有効活用できるかどうかを考察してみた^^;

参考:特典付きFX 情報商材 検証・レビューサイト


結局、自身のトレードで経験値をあげるより、FX系情報商材を利用した方が、為替の相場感を養うのに効率が良いのではと感じている。
スポンサーサイト
Copyright © 2005 外国為替証拠金取引(FX)をがっつり極める. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。