OL花子がFXにチャレンジ♪為替王さまのサイトを参考にドキドキハラハラFXライフを語ります。収支も公開予定。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロールオーバー取引って何?
ロールオーバー取引って何?FXの情報商材でまあまあ売れてるみたいなんだけど、
初心者でわからない。

そしてこの情報商材はいいものなの???

プログラマの格言では『バグは出ない事しか分からない』という。
プログラムにバグがあるかどうかを判定する一般的な方法は存在しないので、ある程度の複雑さを持つプログラムではバグの数を0に向かって漸近する以上の事はできないのである。

実際に、近年のOSなど膨大なプログラミングを必要とするものには「バグのない物は無い」と言われている。
もしバグを完全除去したものを作成しようとした場合、膨大な時間とコストがかかり、製品の開発から出荷まで膨大な時間を要してしまう。
この為、多くのメーカーではある程度、バグが残っていても必要な動作が正常に行える時点で出荷している。結果、バグの発見は想像外の操作などを行った際に発見されることが多い。

と書かれてます。

まさに、その通りです。ここで注目してほしい点は想像外の操作である所。
では、FXでもっとも「バグ」が発生しやすい所はどこなのか?

そぉ、システムがまったく追いつかない所。想像外の事が起き一時的にダウンする所。
そこは、早朝に発生するロールオーバーである。そここそ市場の「ゆがみ」がどーしても発生してしまうのです。

FXロールオーバーについてレビューしているサイト

バグ技、属に言う裏技を多用すれば、初心者でもいとも簡単に利益が発生します。そこは、個人の技術は全く関係ないのです。ようするに、バグ技は知っているか、知っていないか、だけである。これは、非常に重要な意味をもっています。

多くの情報商材がテクニカル分析やシステム分析を駆使して情報商材を作っているため、いくら情報商材を買っても勝てない理由がわかっていただけたのでは、ないでしょうか。


スポンサーサイト
Copyright © 2005 外国為替証拠金取引(FX)をがっつり極める. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。