OL花子がFXにチャレンジ♪為替王さまのサイトを参考にドキドキハラハラFXライフを語ります。収支も公開予定。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デブプラスが登場って!?
よくわからないニュースですね。

タイトルとヒロインの名前「凛々花」が『ラブプラス』の
ヒロインからひと文字ずつ使用されていること以外に、
これと言って『ラブプラス』臭がしない出オチ感いっぱいの
『デブプラス』は、わるきゅ~れより11月12日にダウンロード版、
11月19日にパッケージ版が発売ですって。

デブ専・・・いるみたいですよね。
こんな地方にも、デブ専パブがあるようですよ、関取・横綱、
とか階級があるんだとか。
以前いた会社の同僚(男)が面白半分で行ったらしいです。笑

めんどくさいことが嫌いですので、また。

デブ少女ヒロインADV、その名も『デブプラス』登場!
http://news.ameba.jp/kotaku/2010/10/85816.html
これ、ラブプラスファンが立腹するのでは?
ラブプラスのヒロインから一文字ずつとった名前を
使用しちゃうなんて。
ラブプラスファンはエロ要素は求めていないでしょうから
(あくまで純愛路線)、こんな似たような名前の
エロADVを出されたいい気分はしないのではないかと予想。

FXで天国と地獄があると思います。


ラブ≠デブ、『デブプラス』
こちらはかなり太めのデブ少女と恋人関係になって
Hなこともしちゃう、アダルトゲームだそうです。
公式開いてしまい、まーなんというかすごい。

ゲーム業界発のデブ少女が完全ヒロインで、ヒロインである
「山本 凛々花」のプロフィールは身長162cm、体重103kg、
BMI39.3と肥満度まで掲載され、デブを強調したPRを
展開中とのこと。

参考ですよ@外国為替証拠金は恐ろしい

なんでもいっか。
スポンサーサイト
香椎由宇来年2月に出産予定
おめでたニュースです☆

香椎さんは「新しい家族ができた事に喜びを感じています。
どうか温かく見守ってください。」とコメントを出しています。

結婚会見では子どもの予定について聞かれると、
お互いの生活環境が違いすぎるために
「相談して決めたい」と話していました。
オダギリさんは母一人子一人の環境で育ったそうで、
香椎さんは兄弟4人という大家族で育ったというあたり、
全く生活環境が違っている2人なので、
子どもに関する考えも違っているのではないかと推測したりします。

香椎さんは2008年に俳優のオダギリジョーさんと結婚しています。
2人は07年12月に結婚を電撃発表し翌年に入籍しました。
2年半という交際期間の間、香椎家の「午後10時」という門限を
ずっと守って交際を続けてきたというエピソードも話題になりました。

薬剤師求人紹介コンサルタントの日常だよね。

オダギリさんの複雑な家庭環境もその頃表ざたになり、
苦労して生きてきた人なんだなと思ったのを覚えています。

それだけに今回の赤ちゃん妊娠には喜びもひとしおのようです。
体調不良でドラマのPRの仕事をキャンセルしているオダギリさんですが、
香椎さんの為にも赤ちゃんの為にも早く元気になってもらいたいですね。

今度は羽毛布団をこよなく愛する男の話

香椎由宇、第1子妊娠を発表「新しい家族ができた事に喜びを感じています」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100905-00000002-oric-ent

女優の香椎由宇さん(23)が妊娠している事を発表しました。
彼女が所属する事務所が発表したところによると、
香椎さんは現在妊娠5カ月で出産予定は来年の2月頃だそうです。

よかったですね!!
インドあたで協力な菌がはやってるみたいです
正直、菌類は怖いよね。

AFP通信によるとベルギー人の旅行者がパキスタンで交通事故に遭い、
入院した際にこの耐性菌に感染し、帰国後の6月に死亡し、
これがこの耐性菌による最初の死亡者の事例となりました。

薬剤師求人コンサルタントのお仕事日記だっていいと思う。


この菌の遺伝子は染色体とは別に小さな環状DNA「プラスミド」にある為、
細菌から細菌へ移りやすいという特徴があります。
そして多剤耐性菌に対してよくつかわれている「カルパペネム系抗生物質」が
効かないことが懸念を高める要因になっているようです。

もしこの耐性菌が国内に入ってきた時を想像すると怖いです。
まさに映画さながらの惨状が目に浮かんできます。

インドやパキスタンで抗生物質がほとんど効かなくなる遺伝子を持つ
多剤耐性菌が広がっており、両国に旅行した人などが感染するケースが
増えているとインド・マドラス大やイギリス健康保護庁などの
国際研究チームが発表しているようです。

強力な多剤耐性菌が拡散=インド・パキスタンから―初の死者、監視訴え・国際チーム
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100817-00000000-jij-int

その後の調べではインドなどで治療を受けたときにこの菌に
感染した人はイギリスやオーストラリアでも見つかっているそうです。

マイ話題がいいよね。

世界的にこの耐性菌が広まってパンデミックでも起こしたら、
非常に恐ろしい事態を引き起こしかねません。
国際的に監視の強化をしていくべきで、絶対に流行らせてはいけない菌です。

今月の参考です→FXのスワップで暮せるものか?

もっと怖いのがでてきて使われないといいですけど。
残念な眉だと悲しいかな。。。
私の眉毛は結構濃いめです。

「まゆ美人」を決めるアンケートが、
まゆ専門トリートメントサロンの「アナスタシア」が主宰して
インターネットで実施されました。

その結果堂々の一位を獲得したのが女優の藤原紀香さんでした。
男性部門の第一位は木村拓哉さんです。

どちらも納得の結果だと思います。
藤原紀香さんのまゆは本当に顔に馴染んでいて、
太すぎず細すぎず、女性の私から見てもきれいなまゆだと思います。

あと女性部門の2位に選ばれたのは松嶋奈々子さん、
3位は菅野美穂さんでした。

男性部門の第2位は福山雅治さん、3位は水嶋ヒロさんでした。

男性部門は好感度が非常に高い三人がそろいましたね。
イイ男はまゆもかっこいいってことでしょうね。

逆に「残念なまゆ」の持ち主は?というアンケートも実施していますが、
意外なところでは男性部門のNO.1に選ばれた人でした。

<藤原紀香>木村拓哉と「まゆ美人」1位に 「残念なまゆ」は仲間、松潤
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090608-00000019-maiall-ent

なんと人気グループ「嵐」の松潤こと、松本潤さんだったのです。
まあ、なんとなく濃いまゆげではありますが、
ここで選ばれるとは驚いちゃいました。

女性部門の「残念なまゆ」はロールケージ仲間由紀恵さんでした。
彼女の場合は細くし過ぎているというのが理由で選ばれたようです。

どちらにしろ自分に合ったまゆを理解している人って少ないですよね。
実際に私も自分のまゆが自分に似合っているか、
わからないですから・・。


なんだかんだといっても全体のバランスが重要ですね。
やっぱり為替王さまさまですよ。
日本人の私たちにとって「貿易立国為替王」という理念は、「そうあるべき」「そうでなければならない」といったように、心の奥に刷り込まれた強迫観念に近い。ところが国際収支を見る限り、日本経済のマクロ的な構造は急速に「投資立国」に向けて変貌を遂げている。

 


貿易黒字をはるかに上回る対外投資収支


 


 2006年の経常収支黒字は過去最大の19兆8000億円となった。このうち海外との配当や利息の受け払いの差額である所得収支の黒字は前年比2兆3000億円増の13兆7000億円となり、貿易・サービス収支の黒字7兆3000億円を大きく上回った。この所得収支の巨額な黒字は2006年末時点で181兆円に積み上がった日本の対外純資産(対外資産残高506兆円、対外負債325兆円)が生み出した投資リターンにほかならない。


 こうした対外資産の積み上がりの背後で、国内の貯蓄・投資の流れにも変化が生じている。1990年代まで外貨資産への投資の主体は為替王生損保や信託銀行の年金資金など機関投資家だった。ところが過去数年、外貨投資の分野で個人投資家の裾野が急速に拡大している。長引く超低金利に業を煮やし、投資信託などのリスク性の金融資産に家計の資金がシフトし始めたのだ。


 特に高金利の外貨金融資産に投資して配当利回りの高さを競う投資信託が売れている。公募投資信託(2007年1月末の総純資産71兆円)のうち、外貨投資残高は過去5年間で25兆円も増加し28兆8000億円に達した為替王。


 


立派な「投資立国」なのに投資知識は貧弱


 


 日本の国民所得を増やすために対外投資が果たす役割は今後ますます大きくなるだろう。ところが、今日の日本の「投資に関する知識」の状況は、なんとも貧困である。巨額な対外純資産残高を積み上げる世界最大の債権国であり、対外投資のパフォーマンス向上、それを担う機関や個人投資家の合理的な投資戦略、知識がますます重要になっているにもかかわらず、である。


 戦後の長きにわたって日本人は黙々と働き、貯蓄することが美徳とされ、合理的な投資知識の普及はなおざりにされてきた。家計は銀行や郵便貯金に貯蓄し、その資金の運用は銀行や官僚がコントロールするモデルだった。


 バブルの崩壊を契機に1990年代から旧モデルの行き詰まりと解体が始まった。家計サイドも高度成長期のような本業所得の高い伸びが期待できなくなったので、投資による所得増加を期待する人々が増えた。


 こうした流れの中で、政府は近年ようやく「貯蓄から投資へ」と基本的な政策理念を転換したのである。


 ところが目立つのは、株や外国為替のインターネットトレーディングで短期的な売買益を稼ぐゲームに興じる人々の急増である。まず株のトレーディング為替王が先行し、次いで外国為替の証拠金先物取引が急速に増えた。


 先物専業業者に証券会社も参入し、手数料や利便性、取り引きの透明性が格段に改善したというメリットもあった。この結果、FX(外国為替証拠金取引)ネットトレードの個人会員数は今や35万人、証拠金残高で数千億円の規模となり、最大で数兆円規模の外貨持ち高(ほとんどは高金利外貨の買い持ち高)に達すると推定される。


 


まるで“猿”が投資ゲームに興じているような…


 


 しかし、書店で出回る株や外貨投資の書籍に目を向けると、短期売買で簡単に儲けることを扇動するような“ジャンク”なものが溢れている。短期売買の投資ゲームで一般個人投資家が一時的に儲かることはあっても、長期的に高いパフォーマンスを維持することは極めて難しい。


 このように為替王言うと、「私は株の売買で儲けてきた」と反論される方もいるだろう。しかし、冷静に考えてみていただきたい。猿に投資ゲームをさせてみたとしよう。猿を1万匹集めて、売るか買うかの操作をレバーでさせる相場ゲームである。確率的に半数の猿は儲け、残り半数の猿は損をする。全体の平均値は損益ゼロになる。最も成績の良いサル10匹だけを見れば、何度も繰り返し儲けているだろうが、それは確率的偏差の産物でしかない。


 日本は既に投資立国の道を歩み始めているのにもかかわらず投資知識の面では、果たしてどれほど猿より賢いだろうか。


 


私が、参考にしてるのは、為替王を崇拝しているこのさいと

Copyright © 2005 外国為替証拠金取引(FX)をがっつり極める. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。